三つ子を授かったあるカップルのお話。医師は誕生した三つ子をみて驚愕!なぜそんなに驚いたのでしょうか?

出版元 10/25/2020
広告

子供がこの世の中にどうやって生まれてきた過程は親にとってあまり関係なく、子供が生まれてきたこと自体が人生の幸せです。このカップル、アーロンとレイチェルは三つ子を授かりましたが、病院のスタッフは何か異変を発見しました。

Couple Welcome Triplets But Doctor Was Puzzled About The Appearance Of The Babies

タイトル

異次元世界

このカップルは出身地がとても離れていました。レイチェルはミシシッピ出身、アーロンはホンダラス出身で、彼の両親はキリスト教徒でした。レイチェルは違う人種が集まる環境で育ちましたが、アーロンの故郷は白人だけの地域でした。

Different Worlds

異次元世界

ブラインドデート

このカップルは2004年にブラインドデートで出会いました。そして二人ともが一目惚れしました。二人にはゴスペルを通して世界を変えるという共通の夢もありました。二人とも宣教氏でした。出会ったときから結婚して子供を産むだろうという運命的な感覚がありました。

Blind Date

ブラインドデート

時間をかけて

二人は宣教活動中に出会い、親密になりました。二人は時間をかけて心の絆を深めました。そして子供を養子にもらう決心をしました。ワシントンポストでアーロンはこう語っています。「デートをしている期間でももう子供が欲しかった。養子を迎えたいと二人とも思っていた。」

Taking It Slow

時間をかけて

将来計画

この二人は不妊ではありませんでしたが、養子を迎えるということはキリスト教徒にとってとても重要なことでした。困っている子供を助けるというのはキリスト教徒にとって必要不可欠な行為でした。養子を迎える話をしたときにアーロンはレイチェルにプロポーズしました。彼女はプロポーズを受け、二人は結婚することになりました。

Future Plans

将来計画

結婚

この世の中でたくさんの人がパートナーを探せずに苦労するものです。しかしアーロンとレイチェルにとっては全然違いました。出会ったその瞬間からこの人だとお互いが思ったのです。二人は2006年に結婚しました。二人は子供が欲しかったけれども一旦子作りを止めました。それは自分たちが宣教師としてもっと成長したかったからです。

Getting Married

結婚

新しいミッション

結婚して間もなく二人はホンダラスへ戻りました。アーロンの故郷で住むのはレイチェルにとってうれしいことでした。そして二人は宣教師、先生として隣町で働きました。理想のハネムーンではなかったものの彼らにとっては幸せの頂点でした。

New Mission

新しいミッション

ニーズ

ホンダラスに住んで何か月かして、ここのコミュニティーのことが気がかりになり始めました。教会でゴスペルを教える必要がありました。二人は使命を感じました。今までミシシッピで住んでいた二人にとって、特にミシシッピで生まれ育ったレイチェルにとってはホンダラスの環境は全然違ったものでした。

Needs

ニーズ

いざ故郷へ

二人はホンダラスの日常生活に慣れつつありました。生活が安定してくるとアーロンは別のアイデアがありました。それは大学院で神学の修士号を取ることでした。まもなくアーロンはジャクソンにある神学校へ通いました。そして何年かたって、カップルはやっと子供を作ることを計画しました。

Going Home

いざ故郷へ

コミュニティー

アーロンとレイチェルは自分たちのコミュニティーで奉仕することを強く願っていました。彼はある小学校で働きました。そしてそこで養子制度についてより学んだのです。子供たちを守ることが最大の神へ仕える行為だとアーロンは思っていました。

The Community

コミュニティー

心の準備

二人はホンダラスのコミュニティーが自分たちを必要としていると感じていました。そして二人は自然妊娠をすることを望み、それから養子センターも訪れました。二人は家族を持つことを強く切望しました。

Preparing Themselves

心の準備

養子

養子センターを訪れた二人はどうすることが正しいかよくわかっていました。特に白人以外の孤児たちは自分たちの新しい家を探すことがとても難しく、ずっと孤児院にいました。そして二人はその孤児たちを一人でも助けようと白人以外の孤児を養子にもらうことを決心しました。もし白人の子供が欲しければ、自然妊娠すればよかったからです。

Expansion

養子

いざ養子を迎え入れる

養子エージェントは比較的早く二人に合った養子を見つけました。二人は黒人の男児と女児の孤児に心を奪われました。アーロンとレイチェルは二人の子供を養子に迎えることにしました。その二人の子供をフォードとキャサリンという名前を付けました。このカップルは多人種の家族を作ることがとても楽しみでした。

Adopting Children

いざ養子を迎え入れる

オプション

二人はもっと子供を増やすことを話し合いました。もちろん二人ともとても忙しく自分の時間などあまりありませんでした。しかしある友達が養子胎児のことを教えてくれました。これは二人にとって何らかのサインでした。そこで二人は養子胎児のことについて調べました。

Their Options

オプション

養子胎児

アーロンは「全米だけで何百何千という胎児が凍結されている。その胎児のほとんどが親に捨てられたか科学の発展のために実験に使われるらしいんだ。」これは胎児が最終的に捨てられたり、他人に利用されたりすることを意味していました。養子胎児のことがカップルの頭の中から離れませんでした。

Embryo Adoption

養子胎児

いざ挑戦

カップルは養子胎児について研究をしてこの状況をどうにかしなければという使命感に駆られていました。この方法を使うと一人でも胎児を救うことだけでなくレイチェルも妊娠が経験できます。そして二人は決心しました。「キリスト教では特に生命は受精から始まると信じられている。ということは養子胎児をサポートすることはこの世の生命を救うことと同じなんだ。」とアーロンは語りました。

Going Ahead

いざ挑戦

容易ではない

レイチェルは養子胎児のプロセスが始まったことに少し怖かったけどとても喜んでいました。レイチェルは胎児を妊娠するために治療を受けはじめすべては計画通りうまくいきました。2015年の9月にレイチェルは無事妊娠しました。この妊娠のプロセスは簡単ではなかったので忍耐力が必要でした。

Not Easy

容易ではない

確率

この対外受精には運が必要でした。何か月かのホルモン治療が妊娠前に必要でした。それでも成功率は10パーセントぐらいでした。しかも一回の受精が100万から150万ぐらいかかりました。そして保険適用が聞かない施術でした。

The Odds

確率

インプランテーション

レイチェルとアーロンにはすでに二人の子供がいました。そして二人ともとても忙しい日々を過ごしていました。体外受精の結果を二人は待ちに待っていました。6週間の胎児インプランテーションが病院で行われてからいまだ結果を聞いていませんでした。

Monitoring Her

インプランテーション

胎児の数

レイチェルの体外受精に少し異常がありました。従ってレイチェルは医者に呼び出されました。実は二人の胎児が注入されていたことと、体外受精が成功したことを検査した後でレイチェルに伝えられました。しかし医者が心配していた異常とは、胎児の数でした。それは二人だけではなかったようです。

The Number

胎児の数

三つ子

ホンダラスの医師が超音波写真を二人に見せた時、すべてが明らかになりました。レイチェルは三つ子を授かっていたのです。三つ子が生まれると7人家族になります。彼らはとてもうれしくショックなきもちもありました。これが神が与えた計画なんだと思いました。二人とも大家族が欲しかったので願いがかないました。

Triplets

三つ子

奇跡

アーロンとレイチェルは赤ちゃんが生まれるのをずっと待っていました。フォードとキャサリンも心待ちにしていmした。アーロンはフェイスブックに黒人のかわいい子供が白人の母親の大きいお腹にキスをする姿の写真をアップしました。とても幸せな瞬間でした。

A Miracle

奇跡

幸福

2016年にレイチェルはアン、ウィットニーそしてライリーを無事出産しました。これははじめの計画とは違いましたが、二人は喜びにあふれていました。アーロンは自分が授かったすべての子供が人生最大の幸せだと思いました。

Blessed

幸福

多民族家族

彼らの家族は全員血がつながっているわけではなかったものの、多民族家族としてたくさんの愛情を分かち合いました。多民族家族では考え方が違うだけでなく、文化や歴史も違う親子が一つの家族として共存します。心の絆と愛で強く結ばれているわけです。

Interracial Family

多民族家族

たくさんのサポート

コミュニティーの人たちがアーロンとレイチェルをサポートしました。自分たちの周りの人がこの多民族家族を心からサポートしてくれていることに感謝しているとアーロンは言いました。そして自分たちが宣教徒としてのミッションを果たしたこともうれしく思っていました。典型的な家族ではないものの、アメリカの歴史の光を浴びた多民族の家族を作れたことにレイチェルとアーロンはとても感謝しているようです。

Overwhelming Support

広告