近所の女性を裁判に訴えたある男性の物語。彼は彼女をオンラインで調べた結果、驚くべき事実が発覚した。さて彼の裁判はどうなったのでしょうか?

出版元 11/05/2020
広告

この物語は近所の女性を裁判に訴えたある男性のお話です。結果的に彼が彼女を訴えたものの、すべては彼が悪いと言っても過言ではありません。このある男性が近所の女性の名前をグーグルで調べたところ、とてもショッキングな写真が何枚も出てきました。そのショッキングな写真とはどんな写真だったのでしょう?

When His Neighbor Sued Him, He Showed The Court Photos She Wanted To Keep A Secret

タイトル

退屈な人生

今の時代グーグルで何の情報でも手に入れることが出来ます。この男性クリストファー・ヘスはセキュリティーガードの仕事をしていて、毎日仕事と家の往復で退屈なライフスタイルを送っていたみたいです。

His Life Was Monotonous

退屈な人生

毎日の習慣

仕事と家の往復だけの毎日の習慣を破るため、クリストファーと彼の親友のマークは独立記念日を一緒に過ごすことにしました。二人は何か面白いことはないかまるで子供のように探していました。

A Break From Routine

毎日の習慣

祝日

その日はとても暑い日でした。もう2か月も雨が降っていませんでした。独立記念日にアメリカでは花火が揚がるのですが、彼らは二人で花火で遊ぶことにしました。

How To Celebrate The Holiday

祝日

花火購入

二人は貯金を出し合って、花火を購入しました。彼らが買ったのは床に置くタイプの花火でした。家に帰ってこれらの花火で遊ぼうとしていました。

They Bought Fireworks

花火購入

始めは楽しかった

家に帰ってすぐ花火に火をつけました。初めは子供の頃を思い出し二人ははしゃいでいました。でもそのうちすぐに飽きました。そこでクリストファーはまだ明るいうちに花火でまだ試したことのないいたずらをしようと提案しました。

It Was Fun While It Lasted

始めは楽しかった

大きな過ち

二人は乾燥している場所でネズミ花火に火をつけて笑っていました。これが大きな過ちでした。ネズミ花火は床でくるくる回りながら床の所々に着火しました。

Nothing More Than A Huge Mistake

大きな過ち

芝生

その着火した小さい火はすぐに消せるような火でした。なので二人はあまり気にもしていませんでした。ところが乾燥してたので火はあっという間に大きくなり、近所の庭まで燃えていきました。

The Lawn Went Up In Flames

芝生

火事

火がどんどん燃えだして近所の家の芝生が火事になりました。クリストファーはすぐ消防署へ通報しました。近所の人達が外へ出てきました。

She Saw An Opportunity

火事

どんどん広がる

火は芝生だけではなく車庫にまで広がりどんどん大きくなっていきました。二人はこんなことになるとは思ってもみませんでした。もうここまでくると鎮火することが出来ません。二人はオロオロするばかりでした。

After A Long Day At Work

どんどん広がる

賠償金

花火で芝生と車庫を燃やされた近所の女性、パトリシアはクリストファーに賠償金を請求しました。フェンスやガラスやもろもろの諸費用を入れて合計100万円請求されました。彼はそんな大金を持っているはずがありませんでした。

Asking Him For Money

賠償金

不当請求

賠償金の上に、彼女は水道代3か月分も請求してきました。それは鎮火作業で大量の水を引っ張ってきたからです。彼女の芝生はそんなに手入れされていなかったにも関わらず、パトリシアは容赦なくクリストファーに賠償金を請求しました。

Taking Matters Into His Own Hand

不当請求

コネを使って

クリストファーの友達はリモデル業で仕事をしていました。クリストファーは賠償金を払わずに何とか修理しようとしました。コネを使えば100万円以下ですべてが修理できます。

Using His Connections

コネを使って

受け入れない

クリストファーの友人が火事のダメージの見積もりに来ましたが、パトリシアは断固として受け入れませんでした。パトリシアはダメージの見積もりを頼んでいるわけではない。賠償金を請求しているの一点張りでした。

She Threw A Fit

受け入れない

自分の見積もり

消防士が帰った後、パトリシアは警察に通報しました。そしてクリストファーが不当に仲介を入れて修理しようとしていると警察に訴えました。あくまでパトリシアは自分の見積もりを通そうとしました。

Giving Her The Estimates

自分の見積もり

言い訳

パトリシアはクリストファーが修理を頼もうとしている業者を全く信用していませんでした。クリストファーに譲歩することは一切なく門前払いでした。

She Made Excuses

言い訳

狙い

二人が揉めてから、パトリシアはクリストファーが仕事から帰ってきて疲れている時間をめがけてけんか腰に彼の家へ来ました。そして賠償金を払うよう撃った続けました。クリストファーは何を言っても聞かないパトリシアに嫌気がさしノイローゼになりかけました。

The Last Straw

狙い

神経衰弱

パトリシアはクリストファーを神経衰弱させるのが狙いだったのでしょうか?修理しないとは言っていないのに嫌がらせのように毎日彼を困らせました。全てはお金の問題でした。

Giving Her An Ultimatum

神経衰弱

嫌気

クリストファーはもうパトリシアと話をするのも嫌になっていました。顔を見るのも嫌でした。でもそんなことは言っていられません。彼女の所有物を損害した自分が悪いのです。

She Stood Him Up

嫌気

何が目的

リモデルの計画は前のパトリシアのさびれた芝生だけの庭ではなく、小さい池や花壇も加えてある良い計画でした。しかし彼女は一向に同意しませんでした。もうクリストファーは一言も発言しませんでした。

Waiting For An Opportunity

何が目的

オンラインで調べる

彼女の頑なな態度に異常を感じたクリストファーはオンラインでパトリシアのことを調べました。そこで出てきた写真に彼は度肝を抜かれました。彼女の目的はダメージを直すことではなく彼を利用しようとしていたのです。

He Looked Her Up Online

オンラインで調べる

驚き

彼女は賠償金でハワイへ行こうとしていました。フェイスブックでクリストファーのことについていろいろと書かれていました。ハワイのリゾートの写真も挙げられていました。彼は驚いて自分が見たものを信じることが出来ませんでした。

The Photos In Question

驚き

裁判

頭に来たクリストファーはパトリシアを訴えることにしました。18歳のクリストファーが弁護士を雇って、その裁判費用はパトリシアが請求してきた額と同じぐらいかかりました。それでもクリストファーは諦めませんでした。

Taking It To Court

裁判

裁判官が言ったこと

裁判官はクリストファーのリモデルに賛成しました。そしてパトリシアにその賠償金額は大きすぎると注意しました。法廷で勧告を受けたパトリシアは顔をしかめていました。

What The Judge Told Her

裁判官が言ったこと

勝利

結局のところ不当請求という理由で、クリストファーが裁判に勝ちました。しかし他人の所有物に損害を与えたのは彼なので修理はすることに決定しました。修理が終わり、パトリシアはクリストファーと話すことはありませんでした。それ以来クリストファーは花火を触るのも怖いそうです。

He Got The Last Laugh

勝利

広告