飛行機を家に改造した男性!一体どんな家になったのでしょう?

出版元 10/25/2020
広告
飛行機を家に改造した男性!一体どんな家になったのでしょう?

飛行機を家に改造した男性!一体どんな家になったのでしょう?

森の中を歩いていきなり飛行機を目にしたことがありますか?飛行機が墜落したのかと思いきや、実は飛行機の中で生活してる人もいます。もしオレゴン州のヒルズボローという地域の森で飛行機を見かけたら、そこにブルース・キャンベルというとてもいい人が住んでいます。

キャンベルは国内で飛行機の中で住んでいる人たちの一人です。アメリカにはこうして飛行機で一生を過ごす人たちがたくさんいます。普通の家とは違いボートや車で一生を過ごす人たちもいます。そしてブルースを含むこれらの人たちは創造力を生かして快適に暮らせるよう工夫しています。

飛行機を家に変えるのは決してたやすいことではありません。法的に許可を取るのも大変ですが、飛行機を森の中に運ぶのも一苦労です。そしてそこに台所、ベッドルームを作り快適に暮らせるように改造する必要があります。

ブルースは電気工学エンジニアで隠居生活を飛行機の中で暮らすことに決めました。飛行機は頑丈に作られていますから普通の家を購入するより良いとブルースは考えたみたいです。そしてブルースが改造した飛行機の家は世界で一番ユニークな家に変身しました。

クリエイティブなビジョン

ブルース・キャンベルは64歳で引退しました。彼が20代の頃、オレゴン州ヒルズボローの地域に10エーカーの土地を購入しました。その莫大な土地はそのころ230万円だったそうです。大きな森のあるこの土地でブルースはすでにどうしたいか明確なアイデアがありました。

Creative Vision

クリエイティブなビジョン

若いころから

若いころからブルースは飛行機の中を家として改造するアイデアがありました。そしてそのプランに向かって彼は機材を吟味したりどの飛行機にするかなど計画を練っていました。

From A Young Age

若いころから

面白いアイデア

20年後ブルースはジョアン・ユーセリーという人が飛行機を家に改造した話を聞きました。彼女は普通の家で住んでいましたが、家が大火事に遭い亡くなりました。そこで飛行機で住む決心をしたそうです。

A More Interesting Idea

面白いアイデア

小さくスタート

ブルースは畿内を家に改造する準備を始めました。初めは小さい飛行機を選んでいましたが、何しろ10エーカーという大きい土地なので、計画よりも大きい飛行機を選びました。一番の問題はジェット機を購入するのとそのジェット機を自分の土地へ運ぶ費用だったそうです。

Starting Small

小さくスタート

飛行機購入

1999年にブルースはジェットライナー727機を購入しました。1千万円でギリシアから購入したそうです。購入はできましたがこれをどうやってオレゴンに持ち帰るかが問題でした。

Purchasing An Airliner

飛行機購入

飛行機を動かす

アテネからオレゴンまで飛行機を移動させるのが一番難しかったとブルースは言います。配達料で1千2百万、移動量で2千2百万円ぐらいかかったそうです。それでもブルースは自分の夢の隠居生活に向けて諦めませんでした。

Moving The Plane

飛行機を動かす

大移動

彼はこのプロジェクトにすべての夢をかけていました。こんな大きなジェット機で住むのは世界でただ一人でしょう。まずは飛行機の大移動から始まりました。森の木を傷つけないように飛行機の羽を大改造しました。

Massive Relocation

大移動

自分の土地

ブルースは自分の土地だったから飛行機を持ってくるのに問題はありませんでした。もしこれが自分の購入した土地でなければ大問題で不可能だ多でしょう。

His Own Land

自分の土地

飛行機の羽

何人かの人を雇って羽を解体し改造作業が始まりました。そしてこれはすぐできることではなく、実は羽を解体するまで何年かかかったそうです。大作業でした。

Building Wings

飛行機の羽

新しい目標

初めのうちは改造を楽しんでいるだけでした。しかし改造が進むにつれ彼はどんどん真剣になりました。結果的にこのジェットラインは素晴らしい家に改造されました。それは彼のアイデアと努力の賜物だと言えるでしょう。

New Insight

新しい目標

飛行機の近くで

何年かの間ブルースは改造をしながら飛行機の近くにバンを持ってきてそこで生活しました。それは色々不備もあり彼の年には過酷でした。でも彼は諦めませんでした。

Living On The Side

飛行機の近くで

知られざる問題

何年かこのような生活を続けるうちに、仮住まいのバンにネズミが巣を作りました。仕方がなかったのでまだ未完成の飛行機で寝泊まりしました。しかしこれが彼に実際飛行機で住むにあたって何が必要か明確なアイデアをもたらしたのです。

Unexpected Trouble1

知られざる問題

二つの世界をつなげる

ブルースにとって森で飛行機で住むことはまるで二つの世界をつなげるようなことだと語りました。彼のエンジニアの知識も飛行機の改造にとても役立ちました。飛行機と森は全然違う世界です。その二つの別世界をつなげるのはとても楽しい夢でもありました。

Converging Of Two Worlds

二つの世界をつなげる

先のビジョン

彼は初めは畿内のインテリアの計画はしていなかったそうです。しかし飛行機の中で瞑想している時に畿内のインテリアのビジョンが見えてきたと言います。実際畿内に座って目を閉じて椅子をすべて排除したところを想像してデザインを決めたそうです。

Envisioning

先のビジョン

デビュー

飛行機の家が晴れてデビューする前、ブルースはまず飛行機の外側をウォータースプレーで一斉掃除しました。この大掃除は終わるまで4日かかったそうです。

The Debut

デビュー

メンテナンス

2年ごとに飛行機の外側を洗う必要がありました。それは梯子を使って飛行機の上に乗り上からもエンジンの下からも掃除しなければいけませんでした。これは落ちたりする危険もあるので大変な作業でした。

Maintenance And All That Jazz

メンテナンス

型破りな家

ブルースは飛行機は最高の航学の城だと言います。そしてそこで隠居生活を送れることはとても幸せなことだとも言いました。どんなクラシックカーや最新の高級車より値打ちがあるそうです。

Unconventional Home

型破りな家

まるで城のよう

ブルースの言うように飛行機と城は似ている部分があるかもしれません。もしこの辺を通った人がいれば、飛行機を見たら絶対に墜落機とまちがえるでしょう。しかし彼の素晴らしい努力で変身したこの飛行機は、これが普通の墜落機ではないことは一目瞭然です。

Living In A Castle

まるで城のよう

捨てるか否か

ブルースは飛行機についている機材を捨てないで何とか役に立てようとしました。しかしどうしてもコックピットの機材を改造することが出来ませんでした。それ以外は全て驚くほど見違える家に改造しました。

Toss Or Keep

捨てるか否か

作業中

ブルースの飛行機は完成に近づいていても常に作業中の状態でした。作業しなければいけないリストはまだまだ残っています。中は一体どうなったのでしょう?

Work In Progress

作業中

オープンハウス

時々この森に旅行者がやってきます。ブルースはその人たちに自分の家をオープンハウスとして見せてあげました。そして旅行者たちは喜んで飛行機の家を見て、ブルースのことはあっという間に噂になりました。

Opening His Home To Others

オープンハウス

素晴らしい詳細

ブルースは大改造から小さい機材まですべて把握していました。インテリアは特に何がどこにあるか全部覚えていました。玄関を入るとまず靴置き場とゲストを迎えるスリッパ置き場があります。彼は畿内では土足禁止にしました。その方が衛生的だからです。

Fine Details

素晴らしい詳細

一番のルール

土足禁止は一番大切なルールでした。それは森を歩いた靴で畿内に入ると誇りや泥がたくさん入るからです。そしてその誇りや泥は掃除するのも大変でしたし、インテリアの衛生的によくなかったからです。

Number 1 Rule

一番のルール

アットホーム

アメリカ人には珍しく屋内で土足禁止にしているブルースですが、慣れてくるとこの方がだいぶ快適だと言います。この床もかなりユニークです。そこに何が入っているかすぐ分かるようにデザインされています。

Feeling At Home

アットホーム

必要な物

ブルースは贅沢はあまり好きではなく、つつましい人です。豪華なベッドは必要なく布団一脚で寝ています。そして料理も電子レンジやトースターで作っています。

 

What He Needs

必要な物

広告